給食 牛乳

ヴィーガン子育てさんって、スゴイなあ。。

「お子さんの牛乳」

このテーマ本当に難しいと思います。
牛乳を飲まないと健康に悪いというのが「常識」になってしまっている、この日本で。。

詳細は上記サイト記事をぜひ御覧ください。

※リンク先にて、以下の募集をされています!ぜひご協力下さい!
アンケートは、私も参加させて頂きました。

(ページの下の方です。スクロールしてください)

学校給食の牛乳を実際に止めた保護者の方の体験談

給食の牛乳に関するアンケート

ここで、併せてぜひ読んで頂きたいのが、同じくヴィーガン子育てさんのこの記事。
カルシウム不足の本当の原因を知っていますか?骨粗鬆症を防ぐ食事のポイント

実は、カルシウムの排出をもっとも多くするのは動物性たんぱく質だという研究があります。例えば肉、小魚、牛乳にはカルシウムが多く含まれますが、同時にタンパク質も多く含まれます。タンパク質はアミノ基を含む栄養素ですが、これを多く摂取すると腸の中のアンモニアの代謝物質である窒素残留物が増加します。

(上記記事より)

牛乳はカルシウム摂取のため必須と思われている方が多いと思います。

私は専門家ではないので決して、コレが良いという断言まで出来ませんが、
動物性たんぱく質がカルシウムの排出を最も多くする、
そういう事をおっしゃられる方がおられる事も、お見知りおき頂きたいと思います。

また、上記記事には、

「時々肉をほんの少し食べるくらいでほとんど植物性の食品だけで生活」している部族が、
生涯7~8回も出産し、しっかり母乳で育児をされている、という、
現代日本の栄養医学で言われているものとはかけ離れたことも書かれています。

乳牛も馬も、皆草からカルシウムを摂取していますよね。
人間は違う~と思われるかもしれませんが、
こんなこともあるんですよ!

パプアニューギニアの主食はイモ類として知られていますが、標高の高い山岳地方では、特にサツマイモが主食です。村人は、朝昼晩、サツマイモだけしか食べないときもあるくらいです。

パプアニューギニア人が筋肉マンの理由 より

もちろん、
赤ちゃんのお母さん、そして産まれてからの食生活が
全てこのようであっての事でしょうから、
もし、日本人がいきなり全ての食生活をこのようにして、
健康的な生活が送れるかと言ったらそれは難しいかと思います。

でも、
このパプアニューギニアの話は、

「人類は動物性食品を食べなくても生命を維持できる」

という、証拠ではないでしょうか?

いろんな説がありますが、
ぜひ、こんな話もあるんだよ、と耳を傾けて頂きたいと切に願います。

※追記

私はヴィーガンになるまで、乳製品が大好きで、
水代わりに牛乳を飲んだり、ご飯代わりにアイスクリームを食べたりすることもあったほどでした。

その結果でしょうか。

私は婦人系の問題を多く抱えました。

・酷い生理痛
・子宮筋腫
・卵巣チョコレート嚢腫
・乳腺症

などなど。

この原因には、糖分摂取過多もあるとは思いますが、
ヴィーガンになり、乳製品や砂糖をとらなくなってから、
症状が非常に改善しました。

全ての原因が乳製品にあるとは思いません。
ですが、乳製品を完全に断った事で、
婦人系の問題が多く改善されたという話はよく聞きます。

戦後、
あたかも乳製品をとらなければ栄養失調になってしまうかのような風潮になっていると感じますが、
何か身体に不調を感じている場合、ひとまず乳製品を断ってみることを試してみても良いかと思います。

※牛乳に関しての書籍です。ご参考ください。


Amazon 乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか(なか見!検索で試し読みあり)
楽天 乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか


Amazon 牛乳はモー毒? (試し読みあり)
楽天 牛乳はモー毒?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする