ヴィーガン 子供

「ヴィーガン」「子供」のワードで検索するとサジェストに出てくるワードにびっくりします。

かわいそうとか、強要とか。。(^_^;)

日本だとそういう認識になってしまうんですね。。

海外では
赤ちゃんの時からヴィーガンという人はたくさんいるのに。。。
(宗教的理由が多い)

私の職場では「ベジタリアン」すら知らない人ばかりなので、私が食事をしているといろんな事を言われます。

そして、まだ結婚はおろか彼氏すら居ない私に、

「子供の食事はどうするの?」
「肉を食べさせないなんて虐待」
「子供だってストレスがたまる」
「虐められるよ~~?!」

などなど・・・

既婚で子持ちの女性先輩方に、
ありとあらゆる事を言われます(^_^;)

一言二言言われるならまだ、耐えれますが
数人で集中的に言われると、流石に参ります・・・。

私なんて、結婚すら、結婚の予定ですら、無いのに!(笑)

それでもって、こ・れ・だ・け 散々に言われるのですから、
実際にお子さんをお持ちの方でヴィーガンだと、
どれほどの事を言われるのだろう、と、
Twitterで「VEGAN子育て」のsachiさんにお伺いしてみました。

すると

「ヴィーガンで子育てしている人は信用出来ない」って。。( ;∀;)

そこまで言われるのか、、

そしたら、
海外でたーくさん居る、赤ちゃんの時から
ヴィーガンで育てている両親は皆虐待となるじゃないか~

まぁたまに、
ヴィーガンで育てて病気にしてしまったというニュースは聞くけれど、
たいてい、

「それ、ヴィーガンだからという理由じゃないと思うけど~?!!\(◎o◎)/!」

というものばかり。

2018年末にこんなニュースがありましたが。

1歳女児、両親に極度のヴィーガン生活を強いられ“くる病”に(豪)

与えていた食事内容を見ると、、、

バナナ、ライスミルク、オート麦、
ピーナッツバター、トースト、豆腐、お米、芋。。

な、何が良いメニューとかは言いませんけど、
なんか「ヴィーガン」という理由ではないと思うんですけど。。。

「両親がヴィーガン」という事実を、強調しすぎ~と思います(;_;)

私は2010年~2年半程台湾に住んでたのですが、
その時ベジタリアンを開始しました。
何か習い事や学校で台湾の方と会うと「私もベジタリアン」という方にすぐ遭遇しましたので、
こういった職場で言われているような事は記憶の限りではありません。

日本でヴィーガンやるのは大変だなぁと。。。

特に、
「これからヴィーガンやろう」と思う方には、
こういった他人の意見は大変なハードルになるのでは。。

子育てをされている方は更に大変ですよね、、、

職場にて、
産まれてもない私の子供に(笑)
色々ご意見を頂きまして・・・

そいういう方々に、「VEGAN子育て」ののサイトは、あらためて
非常に心強いと、思いました。

ヴィーガンのお母さんたちを応援する、
素晴らしいサイトだと思います!

ちなみに台湾では、スーパーやコンビニでも、簡単にベジタリアン対応食を買うことが出来ました。

添加物たっぷりで健康に良いとは思えませんが、
カップラーメンでも、こんな感じで「全素」と、記述があるのは動物性不使用で、こういう物が簡単に入手出来ました。

こちらは、台湾コンビニで食べた、
動物性不使用のコンビニ食です。

これだけ揃ってしまう。
もちろん、もっとありますよ~!

日本だと、お弁当コーナーでなんとかOKなのは、
梅干しと昆布のおにぎり、おいなりさん、納豆巻き・・・
くらいなのでは。。。

それも、たまにかつおだしとか入ってますしね、、(;_;)

でも、最近は日本でもヴィーガンという言葉が広まってますし、
ネットでも少しでも、まずは知ってもらって、
食品業界に影響させたいなぁと、思います!

※オススメヴィーガン漫画☆
「これを読んでヴィーガンになりました!」
という方が多くおられる漫画です!

【漫画コミック】ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン)


【漫画コミック】新作・ベジ漫画2作目「世界を変えたくて僕を変えた」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする