消費期限 賞味期限

去年だけどこんな記事がありました。

コンビニ悩ます「後ろから取る客」の存在 値引きだけでは限界が

以前、ツイッターで
「ヴィーガンになってから買い物をする時前から取るようになった」
というツイートがありました。
以前は自分の事だけを考えて少しでも長く食べれる物と思い
期限の長いものを選んで買っていたが、
それでフードロスが出る事を知り、やめたと。

良いことだなーと思います。

たまにスーパーで陳列された物を後ろから取るお方をお見かけして
かっこ悪いなぁ・・・とか思ってしまうのですが
(特に、パリッとした裕福そうな中年男性がやっていたりすると
かっこ悪いというか、ビックリする・・プライドは!?
おばちゃんだからいいのよ!ガハハ!とかいう感じの人はまだわかりますけど・・)

そりゃ、売る方は死活問題ですよね・・

その対策として、アナザーチョイスという試みが
2019年6月11日(火)~8月31日(土)、愛媛県・沖縄県のローソン店舗でされたそうです。

消費期限が近い商品を購入したお客に対してポイントが付与され、
さらに、特定の子どもたちに寄付が届くというようなもの。

けどこんなの焼け石に水だと思うので、
ほんと、後ろから取るとか、かっこ悪~~い事は
見てるほうが恥ずかしいから辞めて欲しいと心から思う次第です。。。


Amazon⇒大量廃棄社会~アパレルとコンビニの不都合な真実~ (光文社新書)
楽天⇒大量廃棄社会〜アパレルとコンビニの不都合な真実〜[ 仲村和代 ]

で、そもそも食品の「期限」に二種類
「消費期限」と「賞味期限」というのがあるのですが
その違いを解っておられる方が少ないと思うのです。

実は今日、職場でその話になり、
職場の人たちは殆ど知らないようでした。

「消費期限」とは、開封せず、保存方法を守った場合
安全に食べれる期限 のこと。

「賞味期限」とは、開封せず、保存方法を守った場合
品質が変わらずにおいしく食べれる期限 のこと。

農林水産省のページに書いてありますよ!!

生物やできあいのお惣菜等には「消費期限」と書いてある事が多いです。

油揚げに書いてある消費期限

もやしに書いてある消費期限

対して、保存がきくようなものには賞味期限と書いてあるものが多いです。

お味噌に書いてある消費期限。

豆乳に書いてある消費期限。

なので、例えば缶詰なんか特に
賞味期限を過ぎてもかなり長い期間食べれるそうです。

公益社団法人 日本缶詰びん詰めレトルト食品協会
よくある質問のページより。

50. 賞味期限が切れた缶詰やびん詰、レトルト食品は食べられますか?

この質問の答えとして、
開封せず保存状態をきちんとした条件をまもれば、
安全性や衛生面について問題ないと書いてあります。

じゃあ何年?
という部分は、ネットでも噂が飛び交っていますが
確たる情報がなかったのでそれをここで書くのは控えます。

ただ、例えばスーパーで並んでいる品物に
賞味期限が切れているものがあったら、
日本では誰も買わないと思いますし、そもそも店側は棄てると思います・・

本当にもったいない事です。
そういうことのないように買うときは必ず前から取ろう!

そして、「賞味期限」が切れていても大丈夫ということもお忘れなく
(開封して炎天下に置いといたとかはなしですが)

腐った物を食べてお腹壊すのは意味ないですが、
食べれるものはきっちり食べて、フードロスを減らしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする