卵巣 チョコレート嚢腫

私はずっと生理痛がひどかったのですが、
ことに2014年に婦人科へ行ったところ、

「卵巣が腫れている。チョコレート嚢腫になっている」

と、言われてしまいました。

2012にも受診し超音波検査をしていたのに何も言われなかったということは、
2年ほどの間に羅患したのだと思われます。

その時言われたのが「卵巣が4.5センチに腫れている」
その後、数ヶ月おきに受診、ちょっとずつ大きくなっていってました。。

そして、2015年に、医者の猛プッシュでMRIを受診したのですが
そのときには、ついに4.9センチと言われてしまいました。
5センチ超えたら、破裂する危険があるため手術をしたほうが良いと言われているそうで、
総合病院に紹介状を書く(手術の為)と、言われてたんです。

卵巣は上記の図のように左右に二つある臓器で、
正常な状態の大きさは、2センチ程だと言われています。

知り合いでは7センチほどに腫れてしまい、破裂して大変な痛みだったとか、
話を聞いていたため恐れる気持ちは充分にありました。

手術以外の治療法として、生理を止める薬を飲むこと薦められました。

ただ、その頃私は安保徹先生や、石原結實先生の著書を多く読んでおり、
薬を飲むという事に大きな抵抗がありました。


Amazon⇒安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る! (宝島社文庫)
楽天⇒安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る! (宝島社文庫)
Yahoo⇒安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る! (宝島社文庫)

そもそも、何某か私の生活に問題があるのなら、
薬を飲んで一時的に症状を軽減したところで
また、同じ問題が発生するでしょうし。

実はその前から漢方薬を飲んでました。
生理痛が大変酷く、子宮筋腫もいくつもありました。

漢方医にはどこへ行っても瘀血という体質だと言われていました。
血液の流れが悪いんですね・・

心当たりはありました、
ヴィーガンになるまで、冷たいものが大好きで三食アイスクリームを食べたり、
フルーツでもなんでも凍らせて食べたりしてましたから。

2012年頃、一月1~3万はする漢方薬を飲み始め(自費治療だった。。)

欠かさず毎日飲んでいましたが、しかし、症状はいっこう良くならず。

2016年頃までずっと飲み続けていましたが、
なんだかもう漢方薬でも無理なのではないかと・・・思い、

やめました。。

検査へ行った婦人科のお医者さんには

「決して小さくなることはない。
生理を止める薬を飲んだとしても、可能性は低いが進行を止める可能性は高くなる。
しかし、飲まなければ大きくなる可能性は高く、少なくとも小さくなることはない。」

と、ずっと言われていました。

それでも私は行かなかったのですが・・・。

生活で気をつけていたことは、

・動物性のものを一切食べない。(ヴィーガンなので当たり前ですが、玄米中心)
・ケミカルなものを避ける。
(シャンプーは塩、リンスはクエン酸、衣類の洗濯は重曹とセスキ炭酸ソーダを使用)
・化学繊維の衣服を避け、綿素材のものを着るようにする。
・冷たいものを食べない。
・体を冷やさないようにする。
・農薬使用の野菜やお米を避ける。
・化学調味料を使用されたものを避ける。

と、ざっとこんな感じです。

どうしても近所にそういった店がないため、
農薬使用の食材を避けるのは難しかったのですが、
極力ネット通販など利用していました。


そして、もう一つ大きいこと。

とある歯科医さんにて、
「腐骨治療」と言うのをしてもらい、
また、全ての歯を、金属の詰め物を外し、違う素材にしてもらいました。


虫歯から始まる全身の病気

その歯医者さん曰く、
治癒しない難病と言われるもので虫歯が原因のものはかなりあるとのこと。

話が長くなるので省きますが、思い当たる事が多々あり、
かなりお金がかかりました・・・・が、思い切ってやってもらいました。

最後に受けたのが

2017年の4月。

それでもその時4.5センチと言われたので、2015年に言われた4.9センチよりは幾分小さくなっていたし最低でも大きくなってはいませんでした。

それからずっと検診を受けて無かったのですが・・

時は流れて先日、約二年ぶりに婦人科で超音波検査を受診してきました。

そのところ・・・。

なんと。言われたのは3.8センチ。

最初に言われた4.5センチ、よりもずっと小さくなっていたんです。

びっくりしました、
「小さくなることは決して無い」と言われていましたから。。

いろんな事を、手を尽くしていましたから
何が効果あったのか、わかりません。

でも、少なくとも悪いことはしていなかったと思います。

動物性のものを一切食べず、
白砂糖や精製品、農薬や化学調味料を使用された食材を避け、
衣類の洗濯や身体を洗うものに関してもケミカルなものを避ける。

そんな生活をしてさらに口腔内に金属のものを一切排除した。

どれも悪いことではないと思います。

腫れていた卵巣が小さくなった、
とても嬉しいことです。

生理痛も随分と改善されました。

チョコレート嚢腫なんては決して小さくなることはないと言われていたのに。。。

これからもこんな生活を続け、
できれば正常な卵巣になったという報告をしたいと思います。

お医者さんはもう、手術以外に方法はないという事を言いますが
生活に気をつければそうでもないという事を知って頂きたいです。

チョコレート嚢腫や、生理痛で悩んでいる人は多いと思います。
西洋医学の治療をするなとは全く思いませんが
少なくとも、最低でも白砂糖や精製品(小麦粉など)、乳製品
を避ける生活を始めてみると良いと思います。

数カ月後また受診し、良い報告をしたいなぁと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする