加工食品

加工食品の多くに使用されているパーム油。

推測するに、第二次世界大戦後から急速に普及したのでしょう。

その需要から、大規模なプランテーションを作るため、
南方の美しい森林を破壊し、動物たちの住処を奪い、多くの生物が殺されている。

動物の犠牲があるからとパーム油は
ヴィーガンとは言えないという話がそこかしこでされています。

ですが、

ここでちょっと思考を凝らすと
パーム油のプランテーションでなくても自然破壊はされていますし
加工食品というのは大変な環境破壊のもとに作られています。

「食品工場 航空写真」 で検索してみてください。
たいていは郊外の山や山林を削られたところに作られていますし
そこに至るまでにインフラも整備され、
流通のために多くの車が使用され行き来されています。
高速道路なんて、どんだけすごい環境破壊か。

大変な環境破壊です。
動物虐待です。

つまりは

パーム油を使用したものをボイコットしようというよりも
加工食品をやめよう
という方が適している と、私は考えます。

私自身、は未だにチョコレートが大好きで、
最近まで結構食べてました。
一時期全く食べてなかったのですが、
すごいストレスが溜まって、また食べるようになってしまってました。
それでも、かつてのようにご飯代わりとかなかったですが。

その後、さらに体調がよくなるに従い
食べたい欲求も減り、いまいまはココアで代用で済んでる感じです。

今現在それ以外の加工食品は
自分のためにとか、
食べたくて仕方ないとかそういう理由では食べません。

身体が健康になり、
悪いものが排除されていけば
加工食品なんて自然と食べたいと思わなくなります!
これは本当。

そんで、素材の味が生かされた物が最高に美味しく感じられますよ。

私は加工食品は、ノンベジタリアンからベジタリアンに移行する時、
かなりお世話になりまして
というのは、便利だからなのですが

全否定する気はありません。

初心者の方には大変良いアイテムだと思いますよ。
例え少々パーム油や白砂糖が入ってたとしても。

そんなね、これだけ多くの加工食品に囲まれた世界で
いきなり全部やめるとか、無理ですよ。無理。

まぁしかし、
いろんな意味(地産地消に近い形・国内産が良い)で、
パーム油は削減したほうが良いに決まってますし
意識することは絶対的に必要なので、不使用のものを極力選ぶ、
というのは非常に大事ですよね!当たり前ですけど。

実は何度か紹介しているこのティーズヌードル。


ティーズヌードル 担担麺(12コ入)


ティーズヌードル 酸辣湯麺(12コ入)

パーム油を使用してるかどうか問い合わせてみました。

本当は20分近く話したんだけど、アップは肝要の部分のみです。

結論からいうと使用されている。

ティーズヌードル の使用油について。


スープに記載の植物性油脂⇒ 菜種油+ごま油(原産国は日本その他で、季節により異なる)

スープと具材に使用されている香辛料の油⇒ パーム油(マレーシア原産)

大豆に関しては、 遺伝子組換え不分別のものと遺伝子組換え不使用のもの両方あり

まぁ、

これに限らず買わないに越したことはないですけど、
全くバリバリの肉食の友達が試しに食べていた私を見て、

「ええ~~?ベジタリアンのカップラーメンなんてあるの!?」

なんて興味示しましてね。

私自身、試しにどんな味か興味あったので買ってたので
一個あげたらすごく喜ばれました。

「植物だけでもこんな美味しいんだね」

って。嬉しかったですよ。

まあ、ティーズヌードルは美味しいと思いますし、
他ののべつ幕なしなカップラーメンとは全く、格段にマシなものだと思うので
ヴィーガンやりたい、
けど加工食品がどうしても必要とか、そういう人には余程良いアイテムで、
「できるだけ動物の犠牲をなくす」

という、ヴィーガニズムの精神に全くもって沿ってるものだと、私は思います。

そんな感じで、ご参考ください。ぺこり。