乳製品

質問箱にて、こんな質問を頂きました。
ヴィーガンになりたい、という気持ちが伝わってきて、すごく嬉しい質問でした。質問してくれた方、本当にありがとうございます!(^o^)

気持ちすっごくわかります・・・。

私は肉や魚は苦手だったのでやめるのは簡単でしたが、乳製品をやめるのがすごく辛かったです。

でも、やっぱり、可哀想な状態で育てられ、お母さん牛と引き離される子牛を知り、もう絶対に食べない(飲まない)と決意しました。

ヴィーガンの人達は良く、子牛がお母さん牛に連れ去られる動画を貼っていますが、これをもし実際に見たら、その後、この子から奪った牛乳を飲むって出来なくなると思うんです。

牛乳、別に無くても生きてけますよね。。(;_;)

さらに、こんなショッキングな動画もあります。
全ての農場がこのようではないと思いますが、そもそも色がついているだけマシだと思うんです。見えるから。

日本の牛乳も、実は膿や、排泄物など入っていると言います。。

フェイスブック Go Vegan Japan さんより

膿ある?
牛乳にはあるよ。

コップ一杯の牛乳には何が入っている?

1億3500万もの膿細胞(白血球)
ウシ成長ホルモン
抗生物質
排せつ物
コレステロール51mg
300カロリー
脂質16g
骨からカルシウムを吸い取ってしまう酸性タンパク(質)

牛乳は人間が飲むようには造られていない

あと、女性としてこの方の書籍は非常に刺さりました。

乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか [ ジェイン・プラント ]

説明より。

●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。
……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。

もちろん、違うものが原因の癌の方もおられると思いますが、乳製品が原因ではないか?という説を自分の身をもって説明しておられ、非常に説得力のある一冊です。

また、こちらはヴィーガンの人が良く薦めてるマンガです。
(真弓定夫先生は本当に素晴らしい先生です!)

も〜いらない!!シリーズ  牛乳はも〜いらない!!

ま、とはいえ!抑えきれない欲望はあると思います(T_T)
私もそうでした。。そういう方にはこういう、代替えのチーズにしか見えない豆製品もあります。


奇跡のおとうふ ビヨンドとうふセット

私がヴィーガンを目指して挫折~となったのはやっぱりアイスクリームだったのですが、その頃、我慢限界ってなると、これを食べていました。(以前は違う名前だったけど)

しかし、これはヴィーガンフードではありません!! 豆乳を使ってますけど、乳も入ってますので、ヴィーガンではありません!

ただ、他の完全にミルクなものよりも、あっさりしていて、中毒性は無いような気がします。

それで、どうしても我慢出来なくなった時これを食べるようにしていたらいつの間にか全然食べたくなくなりました!!

体質が変わったのかなあ?
本当に、今は全然、アイスクリーム食べたいと思わないです。
昔は冬でも、週に何度も食べていたのに。

同じことがチーズ好きさんにも言えるのではないかって思うんです。

私はあまり興味も無かったのですが質問を見て、ビヨンド豆腐を食べようと思いました。

しかしうちの近くのスーパーにはビヨンド豆腐無かったんです。
(また、どこかで見つけたらレポしようと思います。)

でも、これが売っていて試しに食べてみました。


いや~これはどうみても豆腐でしょ?と思ったら・・・
思った以上にチーズだったw

ようは、たっぷりの脂肪分と塩分、それにタンパク質をちょっと加えたら乳製品になるのではないかと思うんです。

所謂黄色いチーズっぽいチーズ、これは再現するのはちょっとお高くつくかも。ビヨンド豆腐高いので。。。
何かそれっぽいものが安価に作れそうならまたレポします!

ただ、やっぱりこうして、どう見ても動物虐待というだけでなく、
どう見ても身体に良いとは思えない物はきっと、習慣なだけで食べなければ食べたくなくなるのではないかと思います。

私がそうだったので!

ただ、すぐにヴィーガン出来なくても自分を責めないでほしいなぁって思います。
動物や環境を考えるとヴィーガンが一番良いって解っても、ヴィーガンやるのは難しいと思うんです。
周りの圧力もあるし。

そういう気持ちで居る人自体、凄く少ないし、そんな優しい気持ちを持ってる人が
「どうして自分は食べてしまうんだろう」と自分を責めてストレスを溜めるのはすごく悲しい事だと思います。

身体が健康になってきたら、学んで動物の苦しみを知れば、自然と食べたくなくなると思いますし、
ゆるベジやラクト・オボ・ベジタリアンで、楽しくやってみてほしいな!
そう私は思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする