ヴィーガンと豆乳の話。

ちょっと、結構真面目に聞いて欲しい話
(特にヴィーガンの女の子)

私は今までヴィーガン対応ということで、散々

豆乳や豆乳ヨーグルト。
「植物性乳化剤を含む」豆乳やアーモンドミルク

を勧めて来ましたが、
今後は、やめます。(反省)

理由は3つ。(無調整豆乳は乳化剤含まないですけど)

1.大豆イソフラボンを過剰摂取すると生理周期が狂う(人による)。
2.どうやら乳化剤(植物性であっても)は本気で害が大きすぎるぽい。
3.そもそも豆乳自体が健康にかなり良くない(乳化剤に相当する成分を含むため)。

これら、正直何年も前から知っていたのですが、
「嗜好品としてたまに食べるのなら良いかな」
と、思っていたんです・・・。

だけど。

もう、
特に特に乳化剤を含む飲料は、
「嗜好品でたまに食べる」のであっても、
やめたほうがいいな、と。
最近強く思ったのでした・・・。

まず、1.について。

1.大豆イソフラボンを過剰摂取すると生理周期が狂う(人による)。

私は3回ほど、
豆乳ばかり飲んでいた事がきっかけで、生理周期がおかしくなった事があります。

ヴィーガンになる以前から、
豆乳は好きだったんです。
20代の頃のこと、
「ダイエット」目的で何日も、
毎日ほぼ無糖豆乳だけというとんでもない日々を過ごした事がありました。

(追記)
流石に完全に豆乳だけってことはないです。
ほぼ、です。
例えば朝昼豆乳だけで、あとはシリアルバーとか(充分不健康だけど)
それを確か2~3週間続けたところでこのようになりました。

そしたら、おかしくなりました。
そんな事が二度ほどありました。

どのようにおかしくなったのか、というのは
ちょっと生々しい話ですが・・・
二週間以上不正出血が続いたり、
二ヶ月来ないとか、そんな感じです・・・。

一度そんな目にあって、
「多分原因は豆乳」と、解っていて二度三度と繰り返すのはどうかと思いますが
懲りずに3度目もやりました。

————-追記—————-

※「単に栄養が偏っただけなのでは」というご指摘を頂きました。

ですが私は他にも、「牛乳だけ」「ヨーグルトだけ」「リンゴだけ」等
○○だけ生活は散々やったのですが、
生理がおかしくなったのは豆乳だけでした。

不妊治療の専門医、桜井明弘先生も、
豆乳の飲みすぎにより生理周期が遅れたり止まったりする問題を指摘されています。


あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

理由としては、

大豆イソフラボンは
女性ホルモンの「エストロゲン」と、似た作用がある。

そのため大豆製品を撮り過ぎる事により、脳が
「女性ホルモンが多いので卵巣からホルモンを出す司令を止める」
という場合があるそうです。

桜井明弘先生の診療でも、豆乳を飲む習慣のある女性が生理不順になった場合、
豆乳を飲むのをやめたら再開した、という事が多いそうです。

めやすとしては、
食品安全委員会では
大豆イソフラボンの上限として70~75mgのため、
200mlの豆乳に50mgの大豆イソフラボンが入っている事を考えると、
一日一杯、他に大豆製品を食べる場合は更に減らして、
と考えたほうが良いようです。

———————————

3度目は一番酷い目にあいました。
生理、完全に止まりました。

状況はやはり同じようなもので、
ちょっと太って来たから体重を落としたい、という理由で
毎日ほぼ無調整豆乳だけを飲んだんです。

(追記)
この時も流石に完全に豆乳だけってことはないです。
ほぼ、です。朝昼豆乳だけで、夜軽くおにぎり、みたいな(完全に不健康ですが)
けど、三回ともこの生活を2~3週間続けて生理に影響が出ました。

そしたら。
気がついたら半年も全く生理がありませんでした・・・。

当時色々あって心身ともに余裕がなく、
ハッと気付いたら「そういえば最近来ない」

単に生理が来ない、というと楽なだけですけれど、
毎日が実にスッキリしないんです。
妊娠で止まるのはまた違うのでしょうけれど・・・

当時の事を思い出すと、全ての感情が消えた感じ。
何か映画を観て感動する事も、嬉しいという感情もなく、
世界全体が灰色になったような日々でした。

で、慌てて婦人科へ行きましたが、
「危なかった。半年以上生理が止まったままで放置していると本当に閉経してしまう場合がある」

と。

なので、薬を飲んででも無理にでも起こしたほうが良い、とのこと・・・
貰って飲んで、その時は来るのですが、
飲まないと来ません・・・。

まぁ、なんだかんだ言って大変でしたが、
結局、三年位それを繰り返して、来るようになりました。

今でも生理が来ると「あ~生理が来るって幸せだなー」と、思います・・・
生理が止まるって本当に辛いです・・・

生理って、女性にとって優秀なデトックス機能だとしみじみ実感しました・・。

それから、乳化剤。
よく言われていることですが、
水と油という、違う物質を混ぜる為に使われるもの・・・
更に乳化剤は細胞膜を破壊してしまうそうで、
人間に大切な働きをしてくれてる細菌たちの細胞膜を破壊し、
腸内環境を悪化させてしまうとのこと。。

添加物に関して、私の身体でその害を実感したことはありませんが、
生理周期に関して。

ここ数週間、豆乳をやめたら、
長めだった周期が短くなりました。

やはり、影響はあったのではないかと。。。。

ヴィーガンって落とし穴多いと思うんですよね。

私はとにかく、
小さな頃から可愛い動く生命を食べるという事に苦痛を感じていたし、
肉も魚も美味しいと思わなかったため、
ベジタリアンという選択肢を知り、大喜びしたのでした。

当時、人口の一割がベジタリアンで、
「ベジタリアン大国」と言われている台湾に居たので、
ベジタリアンになるのはものすごく簡単でした。

日本でベジタリアン対応のレストランというと、
探して探してやっとある、という感じですが、
台湾では街中にベジタリアンレストランがあり、
スーパーでは、ベジタリアンやヴィーガンの対応のマークがあり
(素というのがベジタリアンのマーク)

このように、「素」が、肉とともに記載されているのは
もどき肉なのです!




(上のは日本でも買える輸入ものの通販です)
カップラーメンでも、お菓子でも、
「素」とついたものがた~くさん売られていました。

ベジタリアンが多いということは
きっと、健康的な人が多いだろう!と、思いきや・・・・

違います。
もちろん健康的な人もいましたが、

肌が酷く荒れている人、
失礼ですが、平均的よりもかなり太っている人、
常にダルそうにしている人・・・

た~くさんいました・・・。

当時は、動物性不使用ならokとばかりに、
砂糖と小麦粉の塊のようなお菓子や加工食品が山程売られていたのを見て、
油でギトギトだったり、砂糖や小麦粉たっぷりの物を食べてるからだよな。
そう思っていました。

今思えば、「大豆製品」これも原因だったかも知れないです・・・。

私はそもそも肉が嫌い!だった事もあり、
ソイミートはほとんど食べません。
新発売の製品が出ると、どんなだろう?と食べる位。
だからそこの悪影響的な部分はまだ低かったのかも・・・。

けれど、ソイミート大好きで、
毎日食べている!と言う人は、
やはり気をつけたほうが良いかもですね。。

そもそも大豆ってこれから発芽する、
生命を繋ぐ大切な種子。
他の生物に食べられないよう、健康を害する物が入っていても
おかしくないですね・・・

実は大豆の害について、
もっと専門的な事も聞いたのですが、
自分が完全に理解していない事なのと
検索すればそのへんたくさん出てきますし
丸コピとか丸パクリも嫌なので、あえてこの辺にしておきます。

ただ、私が言えるのは
豆乳は生理周期を乱す!という事です!

生理周期を乱すというのは女性ホルモンバランスに関係すると思うのですが
女性ホルモンは女性だけでなく、男性にもあるので!

以上、ヴィーガンの方々、
私の体験(失敗談)ご参考くださればと、思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする