うまい話

最近、面白いと薦められ、友達にこんな本を借りて読みました。

まぁ、この手の本はあまり深入りしないほうが良いとはいつも思うのですが。


Amazon⇒賢いお金持ちが絶対に破らない 人づき合いの基準 [ 田口智隆 ]
楽天⇒賢いお金持ちが絶対に破らない 人づき合いの基準 [ 田口智隆 ]
Yahoo⇒賢いお金持ちが絶対に破らない 人づき合いの基準 [ 田口智隆 ]

賢いお金持ちだの、お金が絶対に入ってくるだの、
そういう話はあくまで話半分で読むことで価値があるのであり、
本当に絶対などありえないと思うのですが。

この本の内容でも、タイトルと相反する内容があって笑いましたw

「絶対うまくいく」は信用できない

と、、、笑

それでいてタイトルは「絶対に」とあって、面白いですね
矛盾していると思うのですが

でもこれ、いつも思うんです。

「良い事だけ」を言う人って信用出来ないなあと。

だから、例えば私をめちゃ褒めする人は警戒します。

あなたのこういう所は共感出来ないけれど、
こういう所は非常に共感する、だから一緒に仕事をしたいとか、
こういう言い方されるとすごく信頼してしまう。

また、どんな物事にもリスクがあるし
美味しいだけの話ってまずありえない。

それなのに、特に男性って見ていて、
とにかく自分を絶賛して称賛するだけの人を周囲に置きたがるように思うんです。

それって、自分の周囲にイエスマンだけが残るということだけでなく
すごく危ない事だと思います。

この本のように

何もかも任せてくれという人は、
リスクを考えてない人、もしくは、
何か裏があって、コントロールしたいとか
そういう企みがあって言うことが多い。

良い事だけを言う人を周りに置こうとする人は、
見ていてこういう人に騙される確率が高いと思います。

こういう、人付き合いがどうのとかいうhow to本は
全部鵜呑みにする必要も、価値もないと思いますが
ところどころで面白い事がかいてあるので、つまみ食いならぬつまみ読みして楽しんでいます。

なんでも楽しんでやることが、うまくやる秘訣かもですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする