イルカ ハガキアクション

毎月1日、さっちーさん主催で中国へのイルカハガキアクションがされています。

【イルカを助けて!ハガキアクションご協力のお願い】中国と億単位の取引!野蛮な太地町のイルカ追い込み猟!日本のイルカを多数購入している中国の水族館へ「イルカを買わないで!」と訴えよう!毎月1日投函☆ハガキアクションにご協力を #イルカビジネスに終止符を

上記リンク先に、中国語のテンプレートがありますので参考にしてください。

※宛名は、pdfを作ったので良かったら使って下さい!

http://iruka.biz/aaa/atena.pdf

※印刷設定を100%にすると郵便番号もうまく収まりますよ

実は、日本では殆ど報道されていませんが、主に大阪空港から、太地町で捕獲されたイルカが中国へどんどん輸出されています。

https://twitter.com/HANA_VEGAN/status/1111933186169200640

中国の人たちへ、日本人もイルカ猟に反対していると、アピールするハガキアクションに
是非みなさんも参加してください!

https://twitter.com/mami0223vegan/status/1110557125590147072

動物の権利に関して、日本は大変遅れていると思います・・

海外ではとこんな絵本まであります。

楽天kobo⇒Do You Promise Not to Buy a Ticket?【電子書籍】[ Tracey Ozdemir ]

※電子書籍、Amazonの方が高いです。紙媒体は楽天には売っていない。
Amazon⇒Do You Promise Not to Buy a Ticket? (English Edition)
(Kindleとペーパーバック)

Do You Promise Not to Buy a Ticket?

チケット(水族館の)買わないって約束してくれる?
という感じのタイトルですね。

英語が解らなくても、画で伝わってきますので是非読んでみてください!
文章も子供向けなので英語だけれど多少わかる人なら読めます

内容を少しだけ紹介(電子書籍のためモニターを撮影しました)。

ある日愛犬ピッピーとともに水族館へ行ったデイジーはショーが終わった後、水族館のイルカに話しかけられます。

悲しそうに見えるイルカ。

デイジーに「とても悲しい」と伝え泣き始める。

「ここのタンクはボクのウチじゃないんだ。
ボクのうちはオーシャンなんだよ」

そして、彼がどのように捕らえられここへ連れてこられたかを切々と訴えるのです。。

この、イルカが吊るされコンテナへ積載される様子は
まさに中国へ輸出されるイルカそのもの。。

よくここまで絵本にしたなぁと関心します・・・。

そして・・・。

イルカの悲しみを知ったデイジーは、
帰宅後、愛犬のピッピーとある決意をします。

英語がわからなくても、画像で言いたいことが伝わってくる素敵な絵本です。

楽天kobo⇒Do You Promise Not to Buy a Ticket?【電子書籍】

Amazon⇒Do You Promise Not to Buy a Ticket? (English Edition)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする