中国国際航空 機内食

以前もヴィーガンの機内食について書きましたが

5月にヴィーガン仲間と中国へ行ってきます~。 搭乗するのは、「中国国際航空」と「深セン航空」。 三時間半程度ですが、海外便なので...

今回は往復ともに中国国際航空、こちらの機内食を紹介致します☆


飛行機予約は⇒エクスペディア
ホテル予約は⇒Agoda

が、おすすめです。
エクスペディアは飛行機予約して、ホテルとセットで予約が安い事もありますが
Agodaにもっと安いのがある時があるのでどちらも確認したほうが良いと思います。


まず、行き。

ドリンクはトマトジュースを頼みました。
他、ワインやビール、コーヒーもありましたよ。

映画はモナを見ていた(笑)

こういうベジミールや特別な食事は、先に配膳してくれます。
お得感あるので、是非、非ベジな人も頼んでください。

ただ、これだと満足出来ないという人もいるみたいですね。

そして運ばれて来た普通食を見て、豪華なのにびっくりした(笑)

隣の人に頼んで撮影させてもらいました。

こりゃまぁ、今回に関してはベジ食は手抜きと感じてしまう(笑)

そして帰り。
帰路のフライトでは疑似肉らしきものが出た。

この味付けは甘くて日本人には合わないかも。

こちらは、今回一緒に中国で行動したものの別便で帰国した二人のぶん。

こちらは帰りの北京からのフライトで、私とほぼ同じですね。

こちらは行きしのぶんとのこと。

私のよりはまだ豪華に見えます(笑)

で、帰りですが
トラブルがあり、詳細は省きますが
一人の分はヴィーガンではなくベジタリアンミールとなりました。

まあこういう時ですし、
ヴィーガンにこだわって食物を無駄にするのは違うということで
頂いたそうです。私でもそうしますね。
(肉ならまた話は変わってくるかもしれませんが・・・)

ヴィーガンでも付いているマーガリンは到底健康的とは思えませんし
どっちにしても緊急対応ですね。

今回は食べましたが、
マーガリンは普段なら絶対に食べません。

中国国際航空に関してはちょっと落ちますが、
ヴィーガン機内食、飛行機会社によっては周りの人に「そっちのほうがいい!」と言われるような内容だったりします。

早く来るので、混む前にお手洗いに行けますし、いいですよ。
是非一度頼んでみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする