パルボウイルス 保護猫

フェイスブックのアカウントをお持ちの方、拡散お願いします!!
フェイスブックで保護猫活動をしておられる方より、
関東での保護猫ちゃんや保護犬ちゃんたちのあいだでパルボウイルスの警報です。

(うちは多頭飼いではないのですが、
人間が運んでしまうとのことで早速対策を始めました!)

5月に茨城の保健所から引き出した複数の団体で、引き出した猫がパルボを発症、その後、センターが消毒し清浄化したという話で、6月に引き出した複数の団体でも引き出した猫からパルボ発症を確認しています。

なんと既にワンちゃんにも犠牲が出ているとのことなんです。。。;;

私は、ARCのボランティアの他、地元で、役所と連携しながら私と、もう1人の2人で、TNR&猫の保護 譲渡活動もしていますが、親交のあるボラグループから情報が来たので…

白井咲智さんの投稿 2019年7月7日日曜日

シェア元の方によると、

「潜伏期間が二週間ある」とのこと。

パルボウイルスはご存じの通り、非常に強靱なウイルスで、効果のある消毒液も限られています。なによりも面倒なのが、ウイルスの潜伏期間が2週間あり、わたし自身、保護して2週間と1日目に発症された経験があります。

対策のご提案もされています。

皆様にお願いです。新人が来たら、最低2~3週間は隔離し、もし怪しい症状がみられたら、動物病院に相談してください。動物病院に連れて行く前にまず電話で相談してください。もし、パルボかも知れないと伝えたら、診察時間外に来て欲しいと言われるかも知れませんので、指示に従ってください。

新人はパルボウイルスをもっている可能性が高いと思って、その対応を取ってください。自分のところだけは絶対大丈夫なんて過信しないで。今まで何十年もボラをやってきたけど、パルボは出たことがないっていう方もいますが、ことしは様子が違うと自衛してください。

複数のボラ施設に出入りする人は、毎回全部洋服を、靴下を着替えて消毒をして、できれば靴にビニールカバーをつける(ホントはシャワーを浴びたい!)ぐらいの注意を図ってください。

新しく来た子は、最低でも2~3週間は隔離!

そして、少しでも怪しければすぐに動物病院へ!!

消毒は、キッチンハイター(塩素系消毒薬)やホルマリン系消毒薬などが有効ですが、塩素系の漂白剤で猫が中毒を起こすこともあるので、使い方には注意 だそうです。

※動物にも安全な消毒液としては、「バイオウィル」と、「バイオチャレンジ」というのがオススメだそうです。

バイオチャレンジは、みなしご救援隊でも使われてるとのことです。

バイオチャレンジは掃除のほか、加湿器に入れても良いそうです。
空中散布が出来るのが良いようですね。



楽天⇒バイオチャレンジ ドグパラセット1 本体ボトル300ml×1本+2倍希釈

アマゾン詰替⇒バイオチャレンジ 1L

楽天⇒バイオウィルクリア スプレー(300mL)
アマゾン⇒バイオウィルクリア バイオウィル クリアスプレー 300ml
アマゾン詰替え用⇒バイオウィル クリア 詰替え用エコボトル 除菌・消臭 4L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする